ブラック企業って笑うけど・・・意外に数字良くない? 本当はブラック下企業が相当ヤバイ

シェアする

おのぶろぐ

スポンサーリンク

「ブラック下企業(ブラックシタキギョウ)って言う言葉を出してみました!最近良く耳にするブラック企業と言う言葉ですが・・・どうやら厚生労働省も9月から取締りを強化するとか・・・ちょっとおのぶろぐで書いてみようと思いました!」

いわゆる小野が知っているブラック企業と言うのは基本的に「無名」なんです。ただし、このサイトをみて思った事はこんな感想です。「就職探している人はどこに行けばいいんだろう?」って事です。

このサイトです!

http://blackcorpaward.blogspot.jp/

ブラック企業大賞・・・

2013年は・・・

【大賞】ワタミフードサービス株式会社
【業界賞】アパレル業界:クロスカンパニー株式会社
【特別賞】国立大学法人 東北大学
【教育的指導賞】株式会社ベネッセコーポレーション

どうですか?みんな超一流です。

他にもノミネートされているところは有名な企業ばかりです。

ただし、記事の内容はやっぱりです。あくまでも小野の意見ですが完全に「人災」です。物凄く仕事はしたくないけど金だけは欲しい上司の部下が被害にあっているんです。

小野も企業の経営サポートに呼ばれますが中には「うつ病製造機」なんて言われている管理職の方もいます。この人の部下になったらかなりの確率でうつ病になって退社して行きます。その管理職は威張っていますが仕事出来なすぎです。

もう少し言えば人事が悪いんです!

結局はマネジメントですから・・・

もう時効だから話しますが小野もゼンショー時代に労働基準局に行って会社の悪口言いに行きました!

当時の法律は店長は管理職扱いなんで、担当者から「良い会社ですね!」って言われてしまいました。(笑)

話を元に戻しますが小野が知っているだけでも結構な本当のブラック企業あります。

小野はあえて「ブラック下企業」って呼んでいます。

勿論、ブラック下企業は作為的に計算してブラック企業やっていますから、こんなサイトには出てきません。せいぜい事故が起きて知るようなものです。

本来はこんな企業をブラック企業と呼ぶと小野は認識していました。なので「ブラック下企業」って言っています。

今回は出来れば現象ではなく「数字」で厚生労働省の人は出して欲しいですね!「ブラック企業指数」みたいなものです。ただ小野も労務はコンサルティングファームの研究会で勉強した事があるんでわかりますが中小企業でブラック扱いになって賠償請求関連の問題になったら結構潰れると思います。

例えそれがマネジメントミスであってもです。

他の普通に仕事している人も仕事を失う可能性あります。

逆に企業側からするとあまりにコンプライアンス遵守のシステムで運営すると本当に儲からないどころか赤字になるって言う経営者の方もいます。

「ブラック企業の取締りに関しては盛り上げるんではなくもっと上手いやり方で対処出来ればと思います」

ただ何回も言いますが一番問題なのは「ブラック下企業」です!


Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd