仕事の山を登って生き残れるのはやっぱりこんな人なんです!歴史の証明

シェアする

ロッククライミング

スポンサーリンク

まずは・・・「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。」


小野はこのダーウィンの言葉・・・今の時代にピッタリだと思うので結構利用しています。

仕事やっているとどんな人にも必ず山が現れます!

「なんで自分にだけこんな山が・・・」

そんな方も多くいると思うのですが、そんな時は先人や成功者の言葉にはなるほどと言う急所の言葉あるんです。

こんな言葉を読むと思うんです。

彼らの登った山の高さを・・・

『やれなかった、やらなかったどっちかな。』

『自分の欲しいものが何かわかっていない奴は、欲しいものを手に入れることはできない。』

『金が無くて潰れた会社が殆どと思うけど、実は潰れた会社の殆どは人が駄目になったからだね』

皆さんもこんな言葉を聞くと自分が信念のように思っている大事な言葉があるはずです。

もし、無かったら探してみて下さい。

良く「言霊」と言う言葉を使う人がいます。

確かに言葉の持つ力は大きいです。

小野も経営をサポートする仕事をしてきましたが自身が大事にしている事は・・・

『可能性を信じる事』

小野がこの仕事をはじめた理由のひとつに「小野が教育する事によって楽に仕事をして稼いで頂ければ」と言う思いがあります。24歳ぐらいの時にいきなり本部でオペレーションラインのマネジャーの教育担当になった時に本を読み漁ってイタリアの教育学者が残した「言葉」が小野に元気をくれました。

今でもその言葉は大事にしています。

『教育する人間は対象者の可能性を尊敬できるかで決まる』

なるほどと思いました。

対象者と教育する人間がその対象者の可能性をどれだけ尊敬できるかなんです。

なので自分で可能性を持てない人、諦めている人は小野は教える事が出来ないんです。

この話は実はもうひとつの側面を持っています。

『人間は人に教えられて成長する』

ひとりでは成長出来ないんです。勿論小野も同じです。

もし、行き詰った、答えが出ないと思ったらまだ会えていない人に会うことです。

これが真だと小野は思います。

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd