2014年の飲食店経営は新しいマネジメントスタイルへ変更が余儀なくされる。・・・おのぶろぐ

シェアする

飲食

スポンサーリンク

食材の高騰、消費税のアップとただでさえ少ない利益を圧迫される飲食業の経営体にとって来年4月までには恐らく大きなマネジメントスタイルの変更をしないと多くの飲食業はまともに利益が出なくなります。

『ただ物販業はMDの構築とインターネットの利用でまだまだどうにかなると思います。しかし飲食業は来店してもらう為に集客しても恐らく店舗の販売力以上は売れないので、店舗の経営意匠の精度がより要求されると思います。』

次回のアスケンでも深く話そうと思っているのですが、結構多くの飲食店経営者がここを分からずに「売価」を決めています。賢明な人は分かりますが「売価によって原価率が決まるのはもちろんですが、人件費も決まるんです。」・・・このぐらいしか使えないって感じでしょうか?

たとえば、仕込み、調理時間、後片付け、掃除・・・これにも人件費が関わってきます。

人件費はこんな感じでも関わってきます。「店舗レイアウト」「作業教育時間」です。

これは飲食業に精通していなくても分かりますが店舗の大きさと従業員数って比例しません。

アメリカでは飲食業のことを「コールドビジネス」と言うようです。それは「人件費を削ると利益が出る」からです。まさに寒いビジネスです。

ここまで触ってくると理解して頂けると思いますが・・・

来年以降の飲食業の経営は・・・

『人をどう動かすか?』

にかかってきます。つまり「マネジメント」です。マネジメントする側が間違ったオファーを部下に出せば一気に経営体はヤバくなります。今年よりは誰が考えてもビビットになるはずです。

ではビビットにしなくても良い方法分かりますか?

もう物販業は始めていますが飲食業は来月ぐらいからでしょうか?

売価変更・・・

これを読む方にひとつアドバイスするとしたら・・・「止まったら負け」です。

数字は嘘つきません!

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd