売る事に興味のない人は読まないで下さいね!でも凄い!iphoneが十位まで独占・・・日本人はなんでiphoneが好きなのか?

シェアする

iphone5s

スポンサーリンク

調査会社のBCNが全国の量販店のPOSデータを集計した「BCNランキング」で、11月4~10日の携帯電話週間売れ筋ランキングの1~10位を全てを新型iPhoneが独占する・・・こんな記事がありました。おのぶろぐの歴史のひとつに入れておきます!

ただ、なんでここまで日本ではiphoneが人気なのか?小野はアンドロイド携帯なのでiphoneがなぜ人気があるのかいまいち分かりません。そこで小野なりのリサーチをしてみたいと思います。

これを読んで頂いた方の何かの得になればと思います。


『世界でiPhoneのシェアがAndroidを上回っているのは日本だけ』

実は日本ではiphoneの端末基本価格って16GBだと無料で販売しているショップが殆どですが海外では値下げなくカッチリと端末基本価格どおりで売っています。つまり高くて買えないって言うのがiphoneが海外で売れていない要因のようです。

キャンペーンとか特典とかが重なると・・・うちの娘は月の支払いは2,000円台の料金です(笑)

こんな情報も・・・

米国ですと、iPhoneは比較的裕福な中産階級、Androidスマートフォンは低所得者層向けとして数が売れているという傾向がはっきりしています。

海外ではiPhoneは「憧れの端末」。しかし端末価格が給料○ヶ月分と高い!しかたなく経済事情を鑑みて妥協するのがAndroid端末という構図があるようです。

実はそこで打ち出した商品がiphone5Cなんです。

確かに日本だとトップ10の中では5Cは二機だけで殆どが5Sです。

モノって不思議です。売る場所で売れ方が違います。

余談ですが・・・” 稼げる人ってこの感覚だけで稼げています。”

小野の知っている飲食店は・・・入店しないとその店を知れません。(笑)店主は最近なんか売上悪いって叫んでますが隣の店はギンギンに入客していました。おそらく” 他の場所で知ってもらえることやっているはずです。 ”

小野はいつもクライアントさんに言います。

「売れているモノをみろ!」

「売れている店をみろ!」

って、ここから「なぜ売れているのか?」を見つけて自分の知識の引き出しに貯めて行きなさいって!

自分なりでも構わないので「売れている要因」を決定する事が凄く重要です。

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd