おー凄い!たった6分でストレス解消しちゃう、凄い大技!たぶん誰でも出来る意外なストレス解消法はコレ!

シェアする

読書

『皆さん?どうですか・・・たった6分でストレス解消しちゃうものって何か分かりますか?』

実は結構知っている人いるんですが・・・「読書」なんです。

読書は、知識を増やす、興味関心対象を広げる、集中力を高めるなどの他に、実はストレス解消など多くの効果があることが分かっています。

そんな点を少しお話して行きたいと思います。

■ 効果1:リラックス効果

◎ 読書が最もストレス解消効果がある!

イギリスのサセックス大学で行われた調査で、読書はストレス解消に最も効果的であることが分かったそうです。心拍数などを計測してストレス解消効果を測ったところ、読書は68%、音楽試聴は61%、コーヒータイムは54%、散歩は42%、テレビゲームは21%のストレス解消効果が現れました。

集中できる環境で読書をすると、わずか6分間で60%以上のストレス解消効果を現れることも同時に分かりました。本に没頭することでリラックス状態になり、抱いている悩みからしばし開放されるため、ストレス解消につながるそうです!

■ 効果2:脳の活性化

◎ テレビ・ゲームでは脳は活性化しない

神経科学者であるオックスフォード大マグダレン校のジョン・スタイン氏によると「読書は大脳のトレーニングになる」そうです。実際に読書中の脳の様子をMRIでスキャンしたところ、脳の動きが活性化し、新たな神経回路が構築されたそうです。

つまり、読書の世界に没頭している時の脳は実際にストーリーの背景や状況を想像して、まさに今その状況を体験しているかのうような状態になっているのです。一方でゲームやテレビなどではこのような現象が起こらないため、読書が脳に良い効果をもたらすことが分かります。

■ 効果3:カレーを食べるとストレスが解消されると言われている。

テレビ番組でカレーを3日間昼食に食べて読書する実験を行ったところ、ストレスの数値が下がる事が複数の人間に現れた!

さらに読書には、「アルツハイマー病の予防」や「コミュニケーション能力の増加」「集中力の増加」「論理的思考能力の向上」などさまざまな効果が期待できるといった研究結果も出てきている。

本を読むことで新しい知識やノウハウを知れるだけでなく、それがストレスの軽減につながるならばやってみない手はないかもしれない。お試しあれ!

どうやら「活字を読む」ってすごいみたいです。

読書が苦手って言う方もいますが・・・

読書慣れするのも大事だと思います。

小野は週に一度は本屋に行くようにしています。

買う場合は買わない場合ありますが、本屋に行く行為を大事にしています。

『今、こんな本が売れているんだ・・・』

『こんな本もあるんだ・・・』

実は小野は本を読むより、この時間を大事にしています。

そして、時には「感じた本」を数冊いっぺんに買う事もあります。

だいたい外れるのですがたまに「すごいドンピシャ!」って本に巡り会います。

買ってから何年かしてから読む本もあります。

そんな読書が小野のスタイルです。

読まなきゃって言うのは逆にストレスになる感じがします。

Kazuhiko Ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう