もしかしたら今の仕事・・・自分に向いていないのかも!?でも自分に向いている仕事って何だろう?少し考えてみる!

シェアする

ビジネス

スポンサーリンク

『自分に向いている仕事って何だろう?意外にこんな事を多くの人が考えている。自分に向いている仕事みつけましたか?』

『基本的にこんな考えをする時って・・・その仕事が嫌な時かなぜか稼げない時ではないでしょうか?でも稼げていてもやってみたい仕事って実は皆が持っている!』


ただ・・・向いていると何か良い事があるんだろうか?

最近はそんな事を思っている小野でもあります。

アンケートをとると「今の仕事は向いていない」「今の仕事はあまり向いていない」と思う人は全体の31.7%だそうです。

働く人の約3分の1は少なからずこんな事を考えている訳です。

繰り返しになるかも知れませんが・・・

誰しも、いまの仕事で思うような結果が出ないと「自分はこの仕事に向いていないのでは…」という疑問が頭をよぎったりします。

他にも・・・

だんだん仕事に慣れはじめてくると、多かれ少なかれ「こんな会社でこんな仕事を続けていっていいものだろうか」とか「現在の仕事に一度きりの人生を捧げていいものだろうか」など将来への漠然とした不安や焦りを感じるようになります。

では自分に合っている仕事を見つけて行きましょう!

・「自分に向いている仕事 は探すものではなくて、作っていくもの」後は、どれだけその仕事が好きになれるか、です。

・適職と巡り合った多くの人たちは、「向いている」という感覚より、「やりたい」という気持ちを重視している。その仕事が「適職」と思ったからではない。もし、「向いている」と感じる仕事がないのであれば、「やりたい」という気持ちから探してみよう。

・これまでの自分を振り返り、進学や就職など、大きな転機で「なぜ自分はそれを選んだのか」を分析してみましょう。そこには、楽しかったことや大事にしたいものなど、自分なりの“判断基準”が必ずあったはずです。

もしかしたらもうちょっと頑張ってみると良いのかも知れません。

・仕事だから、つらいこともあります。うまくいかないときもあります。頑張っても結果が出ないときだってあります。でも、それは向いていないからじゃない。たまたま、そういうときだというだけです。

・今の仕事の要素や結果の一部分だけ切り取って「向いていない」と判断するのは早計。向いている部分は果たして全くないのか、まずは自分が、その仕事でどれだけやりがいや満足感を感じられるか、それを軸に考えていただきたいと思います。

・仕事を自分のものにするには、辛くても、いまの仕事から逃げないことです。逃げずに、正面から向き合い、この仕事を極めてみようという思いを持って挑戦を続けることです。

・仕事は人生の重要な部分を占めるものではあっても、人生のすべてではないはずです。こう考えれば仕事にいきづまっても、挫折しても立ち直れる

・・・もしか仕事を変えてみようと思ったら!

小野は言います。「やめておきなさい!」って!

それは自分が分からないと適職なんてずっと見つからないからです。

小野がお勧めしたい事は・・・

『ブログやりませんか?』

匿名でも良いので思った事、感じた事を毎日書いてみて下さい。

半年も書けば・・・自分が何に向いているのか?意識があるのか?は分かりますよ

これやった人の勝ちです。

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd