あれ?私の事を愛してくれる人はいないの?結局個人も競争している!どんどん1人になって行く孤独な集まり日本!

シェアする

1人クリスマス

スポンサーリンク

『皆さんはお家で何人の人間と一緒に住んでいますか?ひたすら減り続けて2012年の調査では一世帯あたりの平均人数は2.57人だそうです。』

『これって人間が行動する事でこの数字になった訳です。意識はしていないかも知れませんが、2025年には平均世帯人数は2.37人まで減少!「多世帯社会」がやってくるようです!』


一緒に住む方がお金かかるのかな?結婚しないからかな?子供が減っているからかな?

日々思う事はクライアント先などに行っても「個々がバラバラに働いている感じ」が凄くするんです。

あと・・・集わない!

ITインフラのお陰で集わなくてもコミュニュケーションとれる時代。

繋がりのSNSのお陰で前よりは楽に繋がれる・・・

深層心理の中でもしかしたら・・・「個になる事を望んでいる」のか?それとも「個になるように社会が動いている」のか?

勘の良い方はお分かりの通り・・・

『自分の事ばかり考えて生きているから個になって行くんです!』

今、あなたにとって大切な人っていますか?

本気で大切な人っていますか?

5年後、10年後、その人達とは繋がっている可能性はありそうですが・・・0の人もいるんだろうな?

2014年はここを大事に考えて行きたいって思っています。

小野も多くの周りの人間に声かけると思いますが・・・

自分のことばかり考えている人多いのかな?

『他人よりも良くなりたいって必死になっている人ばかりなのかな?』

だと今後の日本は間違いなく「孤独化」して行くんでしょうね!

こんな記事あります。

『日本人の社会的孤立度は世界一 もはや国民病「生きづらい」の正体』

http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-10150322705.html

少なくても小野が子供の頃とは違っていますね!

人間って・・・個々に愛される大きさ決まっているようです。仮にAさんが100の愛情を得れるとすると自分で90の愛情を注ぐと他者からは10の愛情しか貰えないんです。

世界一の孤立度・・・日本!

笑えませんが小野は努力します!絶対に!

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd