「本当に20歳代の女性ホームレスみました!年齢のいった男性ホームレスと一緒に仕事してましたよ」って話をされました!

シェアする

macbookpro

スポンサーリンク

『数年前に香港に行った時に現地に住む女性に言われました。「私は日本に行って一番びっくりした事は世界でトップクラスの経済力のある国なのにホームレスがいるなんて、香港には1人もホームレスいないよ!」』

『実は日本に20歳代の女性ホームレスが増えているのって最近ネットをみてて知ったんです。』

『経済の構造が変わった事で生活をして行く構造も大きく変わったんだと実感する衝撃的な内容でした。』
なんでこんな事が起きるかは・・・「子供の面倒を親がみれない事」が大きな起因のようです。

この話って「女性」とか「年齢」に関係なく大切な話だと思ったので「おのぶろぐ」の記事にしようと思いました。

『ホームレスになりたい人っていないと思う』

いろんな原因があると思いますが・・・

「稼げないと言うよりも思った金額を稼げない人」 ここにあるようです。

そこを埋める為に借金するんです。

でも最近多いのは「働く場所がなくて・・・」と言うのが多いようです。

確かに学校出ても「働くスキル」は身につきませんから・・・

いろいろと原因を探っても仕方ない部分もあるのでちょっと何点が紹介します。

まずはご覧下さい。

こんな記事があります・・・

“たまに、雑誌でホームレスの特集が組まれているが、女性ホームレスの記事をあまり見ない。

だけど、女性ホームレスはいる。

しかも20代前半の。

僕が入所していた簡易宿泊所にもいた。

最初はそんな訳ないだろう、一般のお客さんなんだろうと思った。
(僕の入所していた施設は、役所が借り上げていたホテルで、一般の利用客もいたので)

見た目も女子大生風だったり、ギャルっぽかったり、とてもホームレスには見えなかったのだ。

僕より長く宿泊所を利用している人に聞いてみると、若い女性ホームレスは多いが、

路上にはいないから分かりづらいとの事。

どういう事かというと、何らかの事情で帰る場所が無くなり、

店や寮で泊まりながら風俗店等で働くケースが多いとの事だった。

もちろん、全員が全員そうではないと思うけども。”

http://matome.naver.jp/odai/2138952464055166701


“「単身女性の3人に1人が貧困」。昨年末に発表されたこの数字はこの国の人々に大きな衝撃を与え、「貧困女子」なる言葉も生み出した。

が、考えてみれば、女性が貧困なのは当然なのだ。男女合わせての非正規雇用率は4割弱だが、女性に限ると5割を超える。また、労働者に占める女性の割合は42パーセントなのに、女性の賃金は非正規雇用まで含めると男性の約半分。それなのに、なんとなく「どうせ結婚するんだから」という根拠のない思い込みによって長い間、社会的に放置されてきた。

「だけど、ホームレスはみんな男性で、女性ホームレスなんて見たことがない」という人もいるかもしれない。が、数こそ少ないものの、「見えづらい」だけで女性ホームレスは確実に存在する。”

この記事は深く闇が書かれています・・・ http://bigissue-online.jp/2013/06/28/homeless-women/

『女性ホームレス 支援』

で検索すると支援の団体も沢山出てきている。

ただし、多くの場合は彼女達がこの支援団体の情報を得るのは難しいようです。

ここでは20歳代と言っているが30,40,50,60歳代と女性のホームレスは増えている。

それは子供の頃から「自分で働いて生活して行く」と言う意識が女性のため、希薄だから!

単純労働系の仕事がどんどん減ってきているから・・・

一番は・・・会社側に人を採る余力がないから・・・

『永久就職』と言う言葉が死後になったから・・・

これから日本で女性が生きて行くって恐らく2つのスキルを最低得るべきだと思う。

1つは「会社が欲しい人間の技術を得る」か「個人事業出来る技術を得る」かでしょう!

ただし、自分マターで出来る「個人事業の方が能動的」に仕事出来ます。

もし、学校と入社までの間にどんな学校があれば良いかと言えば・・・インターネットビジネスのガイダンス学校みたいなもの!

こんなインターネットビジネスがあって、これやってみたら?って紹介して教えてくれるところ!

この技術持っている人はどうにかなると思います。特に中小企業はこんな人材探しています。将来的には自宅で出来るビジネスになるはずです。

別に他で働いていてもいいんです。ただ小野が今日本に住んでいる女性だったらコレを教えます。

集客とかアフィリエイトなどは実際出来なくても全く知らないは論外になると思います。

いざと言う時は変な資格なんかよりぜんぜんいけるはずです。

労働集約型の仕事は若い時にはいいですが年齢が増すと厳しくなります。

会社をあてにした働きはまず60歳以降に働くのは難しくなります。ただ60歳過ぎて隠居出来る人は一握りの人だけです。これは男性女性に関係なく言えます。

これからの日本人は50年60年働いて稼ぐ技術を得ないと行けないのかも知れません!

目先だけみたライフプランは通用しません。

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd