社長の脳みそだけで経営するのは無理だと思います!(笑)私の専門は「売上をつくる」「人をつくる」です。

シェアする

change

『おそらくどの企業・会社も一番困っている事って「売上をつくれない」「人をつくれない」だと思います。私は物凄い優秀な人間ではありませんが皆さんの仕事に専門があるように、私は「売上をつくる」「人をつくる」を20年ほどやっている専門家なのです。』

『なので経営者の方より知っていたり出来たりするのは当たり前なのです。私も多くの経営者の方に会ってきましたが運営に長けている方は結構いますが経営に長けている方は皆無です。なぜならば恐らくまともに勉強した事がないからです。』

『なかには、私はかなり経営に関しては自信があると言う方もいるかも知れませんが・・・そんな方はこの記事を読まずに自分の好きな事に費やす時間にあてて下さい(笑)』

現在日本にある特に中小企業は生き残りをかけて必ず経営意匠の改変を余儀なくされます。おそらく現在経営をする方やこれから起業する方もなんとなくであっても「変えないと厳しいだろう」と思っているはずです。

なのでこの記事保険だと思ってブックマークでもしておいて下さい。

実はなんですが・・・今東京ってとんでもない事になっています。意外ですが多くの経営体で人がいなくて困っています。言い方は変ですが選ばなければ働き場所は沢山あります。

特に大学生のアルバイトを軸に働き手を求めていた飲食業などは悲惨です。

簡単に言えば子供数減っているんです。確かに私が通った小学校、中学校、高校と全てにおいて生徒数は減っています。なので子供数はへっているんです。もう一つは就職活動が昔とは違って大学3年生からになった。また大学生活が就職活動の為にある。(人事から大学生活の体験談を聞かれる)つまり、アルバイトをしている場合ではないのが大学生の現状です。

今後労働力を確保して行くのは重要課題になる事は間違いなくなりそうです。

IT関連に関しても「上場しました!」なんて記事を見た後、数年で「リストラ」「赤字決算」なんて文字を見るようになる企業も意外にあります。環境の変化が物凄い勢いで動いています。

経営意匠(経営デザイン)って環境に応じて自社の経営をデザインする事なんです。その時代や環境に即して「より確実に売上をつくること」をしていく訳です。

『経営者が一番嫌な事ってやり方を変える事』

なんです。私の仕事はそこを変える事なんです。2014年に今でも・・・「変えないのはリスク」だと言う経営者も増えてきました。確かに私もそう思います。

また、経営意匠の専門家っていないんです。問題点を解決、改善する専門家は多くいますが・・・

私はいつも言っています!

『私に仕事の依頼をするようになったら経営体の状態は相当良くない、だから前もって繋がっておいて下さい!』と

こんな仕事があるんだと言う事知っておいて下さい。

Kazuhiko Ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう