経営意匠(経営デザイン)と言う言葉を知った時、率直に「この考えってこれから未来に対して経営する人の為の希望」だと思いました。

シェアする

hope 経営意匠

スポンサーリンク

『経営意匠って難しい、良く分からないって言う方は多いのですが全く難しくありません。頭の柔軟な人であれば誰でも理解出来るし考えられると思います。』

『経営をする上での定説とかスキルってどうやら決まっているようですが同時に効果がない、意味のないものまで刷り込まれている。こんな人は経営意匠を理解して実行しようとは思えない。だから衰退しても更に定説をやり続ける。』

『「お客様に喜んで頂く」確かに素敵なフレーズです。そんな人にはこんな話をしています。「無料でやったら喜びますよ」・・・こんな事はあえてオープンにする事ではなく経営者自身が思っていれば良いし、どんな人でも思っている事だと思います。ただ、この言葉は従業員には響きません。』

セブンイレブンがデリバリサービスを始めました!

ワタミが宅配を始めました!

ローソンがポンタカードを導入しました!

コンビニのスナック商材が充実しています!

インターネットで広告を打ち出しました!

上記の5つはすべて経営意匠の改変をして売り方をつくっているのです。

これが経営意匠なんです。

もうひとつ考えて頂きたいのは同時に「売上もつくっている」はずなのです。

定説の話の中ではこんな話をする専門家がいます!

『飲食店の売上の上げ方』

この考えはけして嘘ではありません。小野も何種類かの効果が出やすい手法知っています。ただし、今の時代・・・常人では難しいかも知れません。それはテレビCMをやっても売上が落ちる時代だからです。

ただ、中小規模の経営体で値引きをして売るのはもう無理でしょう!理由は値引きって一番しわ寄せが来るのは「従業員の給料」だからです。ただでさえも確保が厳しい時代に・・・人がいなくなります。

なので・・・

『飲食店の売上のつくり方』・・・これやった方が賢明です。

小野は牛丼のすき家の出身です。では物凄く当たり前の事言います!

『すき家って各店ごとに売上が異なるんです!』

なぜかと言えば大きくは2つの要素があります。

1つは「立地」、もうひとつは「そこで働く人」が異なるんです。

だから・・・一店舗で「売上が上がらない」って嘆いているのなら二店舗目つくれば良いのです。おそらくリスクは同じぐらいだと思います。そして二店舗を管理するマネジメントを勉強した方が『飲食店の売上の上げ方』を勉強するよりもはるかに楽です。

これも会社としては経営意匠が変わったと言えます。

経営意匠を他の言い方で表すとこんな言い方も出来ます。

『より確からしく売れる方法を構築して行くこと』

例えばですが、お客さんを待っているよりはお客さんの家に行った方が売れる確率は高くなりそうです。個人で行うラーメン中華店やすし屋は殆どが出前で生計をたてている現状もあります。

東京や大都市ではケータリング需要増えています。

携帯から予約出来る経営体ってもう当たり前になるから知れません。確実に利用しやすいです。

こんな様々な実験と検証をして自身の引き出しに入れています。

こんな事をして10年になりますが、やっぱり経営意匠は経営者が経営をしていく希望だと思います。

経営して行くなら経営意匠(経営デザイン)の勉強してみて下さい。

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd