自身でモノが考えられない人間をつくってしまう!気が付かないうちにしてしまう最悪のマネジメント!・・・報告

シェアする

元気ない

自分自身でモノを考えられなく自立出来ない人が増えています。もう大人なのですが指示が出ないと全く動けない会社員が増えているの実感しています。特に30歳代、40歳代で・・・

結構深刻だと思うですがこんな人間をつくってしまっているのは実は上司のマネジメントによるところが多いと感じています。恐らく上司も無意識してしまっているはずです。特に部下思いでまじめな人間に多い感じを持ちます。

もしあなたが上司なら少し深く考えて頂ければと感じています。

・部下が自分でやりたいと思う事について理由をつけてやらせない。
・意味のないマウンティング行動をとって相手のモティベーションを下げてしまう。
・自身は最重要課題の意図とは違う行動をしている事を部下に見られている。
・成果の出ない作業をひたすらやり続ける。
・獲得目標ではなく自身が思った行動以外の行動は許せない。
・超過勤務を余儀なくさせる雰囲気づくりをする。


もうお腹いっぱいでしょうか?(笑)

これってすぐに分かると思いますが・・・社員辞めて行きます。

『人間って休みとらせてボーっとさせている時にグーーンって成長したりするんです。』

基本的に30歳過ぎた社員にはいちいちガタガタ言わないって言う会社は多いくらいです。大人扱いした方が良いと思います。

これ小野の言葉でマネジメントの補助輪って言います。

ずっと相手に補助輪つけていないと倒れそうで怖いからそういう行動をとります。

でも本当は「獲得目標」だけ一致して行動出来ていれば良いはず。

マネジメントの原則ですが・・・

『絶対に実施したら失敗する事以外はやらせないとダメです』

なぜなら・・・実施して初めてその人の本当の知識とキャリアになるからです。

・・・その後にどうだった?

って言えるのが上司だと思います。

「会社で決めたルーティンワークと上司の思いつきで指示されるワーク」

誰でも嫌ですよね!

もう一度繰り替えしますね!

・部下が自分でやりたいと思う事について理由をつけてやらせない。
・意味のないマウンティング行動をとって相手のモティベーションを下げてしまう。
・自身は最重要課題の意図とは違う行動をしている事を部下に見られている。
・成果の出ない作業をひたすらやり続ける。
・獲得目標ではなく自身が思った行動以外の行動は許せない。
・超過勤務を余儀なくさせる雰囲気づくりをする。


これ繰り返したら部下は辞めるか自分で考えて行動するのが嫌になります。

Kazuhiko Ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう