賢明な経営者の皆さん!売上を上げるのも大事ですが、今の時代はコレを知る方がモット大事です。

シェアする

フロントエンド バックエンド

スポンサーリンク

昔の賢い経営者もやっている事。今の賢い経営者もやっている事。売上を上げる事だけに明け暮れて実際はジリジリ売上を落としている経営体は非常に多いんです。だって内需は減って行くんだから仕方がない。

地方のセブンイレブンがデリバリをやって物凄く売上を伸ばしている。同時にお客様からも喜ばれている。この文房具店全然お客さん来ないけど良く潰れないで経営出来ているなぁ?お店のヒット商品を物販化してオンラインで売って儲かっている人。

勘の良い方は何か気がついたと思います。

これってフロントエンドとバックエンドと言う考え方です。

・生ビール無料・・これがフロントエンド。店で売っている商品がバックエンド。

・から揚げの食べ放題がフロントエンド。店で売っている商品がバックエンド。

・店で売っている行為がフロントエンド。商品をオンライン化してネットで売るのがバックエンド。

・文房具店で売るのがフロントエンド。営業して文房具を学校に入れている売上がバックエンド。

・セブンイレブンの店舗売りがフロントエンド。デリバリがバックエンド。

規模の大小はあっても1つだけの売り方に固執しない売り方!

資本力のない中小、個人事業は軒並み売上を落としている所が多い。

特に内需によって売上を得る経営体は右肩下がりのところが多い。

なので今の時代・・・1つだけの売り方の売上に一喜一憂するのはどうなんでしょうか?

1つの売り方が存在しているから生きるのが「フロントエンド」と「バックエンド」の考えです。

このブログ読んだら少しでも考えてみて下さい。

最近ではフロントエンドを複数持つ経営体や、フロントエンドの中にフロントエンドとバックエンドを持つ経営体もあります。分かる事は両方の作用でより売れるように出来ています。

経営意匠の観点からも今後これを学んで実際に行っていく経営者は多くなって行きそうです。

今の明日の実務経営意匠研究会(アスケン)の会員さんの中でもこれを勉強して実践する経営者さんが増えてきました。

そんなすぐに作れないから・・・急いだ方が良いと思います。

追伸、弊社リトルライオンが主催する「明日の実務経営意匠研究会」の公式アプリです。興味ある方はダウンロードしておいて下さい。

http://as.little-lion.com/press-2-325.html

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd