飲食・小売の上場企業から個人店まで対応が迫られる3つのポイント

シェアする

mac

スポンサーリンク

『はっきり言うとまともな運営が出来ていないんです。なので売上を上げるどころか上場企業でも人がいなくて営業を止めているのが現状なんです。』

小野が知っている飲食物販の上場企業は本部スタッフが店舗の応援に行っています。

ただ1つ言える事は上場企業でも個人店でも同じ悩みを持っていると言う事です。

それは2015年、2016年には絶対にクリアにしないといけない案件があるのです。

小野も仕事柄いろんな経営者の方と話すのですが全く絶対条件でないのです。

そんな方の為に2017年までにどんな力をつけないといけないか、少しお話してみます。

・売上を上げていける能力と技術がある。

・社員、アルバイトを採用していける採用力がある。

・会社、働く人間の状況が良くなっている。

これを変える方法って全体的な構造を変えないと対応出来ない、つまり会社の中にいる人間が変える事はまずない訳です。

ここを内部の人間が行うと確実にねじれてきます。

この点が凄く大事なポイントなんです。

特に組織が大きいとねじれは結構長い時間を使って行われています。

これは本当に治らないんです。

この「売る」と「人」って小野の得意分野なんです。

これを直す第一の課題は「業態構築」なんです。

今、現存する店舗で厳しい状況の店舗って基本的に「バブル崩壊時の対策の延長線上にある売上構成比」の店舗なんです。

つまり、儲けが出にくいけど仕方なくやっている構成比なんです。

その中で原価がある飲食や小売はここが上がっているし、人件費も上がっている訳です。(特にアルバイトを利用している店舗)

最近、ニュースなどでも「売価」を上げる飲食、小売は多くなってきました。

少し遅い気がします。

もう一度言いますが根本的な対策にはなっていない訳です。

売上が能動的に上げられる。採用力がある。会社・人共にモティベーションが上がっている。

ちゃんとゲットする行動が本当の意味の対策になると思っています。

この件に興味のある方は是非このページをご覧下さい。

時間勝負になりそうですの本当に早い対応が必要になると思っています。

asuken
アスケン.tv です。

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd