店舗経営(飲食・小売・サロン・施術)のやり方が2015年から確実に変わりました!それは…

シェアする

Signpost in blue sky with clouds

小野和彦です。

2010年後頃からなんとなく感じていました。

店舗経営の異変をです。

これを読む皆さんも感じている事だと思いますが大企業の業務提携や吸収合併で多くなったって思いませんか?

簡単に言うと1人じゃ喧嘩に勝てないからチームをつくり始めた訳です。

物販のイオングループなどは本当に多くの会社とコラボしています。

そんな事がおき始めてから個人店かた中小企業がバタバタと倒産し始めました。

飲食店で言えばもうすぐで20年前の半分の店舗数になります。

そんな中、2011年に発足したのが「明日の店舗経営研究会(発足当時は明日の飲食繁盛店研究会)アスケン」でした。実は小野ここの主催をしています。

勿論今の段階では会員の方も自分の事だけで精一杯なのでチームとしての仕事は出来ませんが時折参加してくれる会員さんも多くなってきました。その中でアスケンの目的も2015年方向転換をしました。

「売上」「拡大」路線から「長く生き残って豊かを目指す方法」です。

この方法はカンフル剤を欲しがる人には物足りませんが今カンフル剤をうっても結果1年程度しか持ちません。

長く収益を出して拡大していける基礎固めをした方が絶対に賢明だからです。競合する店舗は間違いなくこの手法は出来ないのでアスケン会員だけの専売特許になると思っています。

構想としては全国に300名の会員に出来ればと思っています。あと200人程度です。

出来れば地域に分散させたいので募集に関して今後は検討したいと思っています。

中にはネット利用だけで参加する地方の方もいますし、動画でも最近は講座内容を送っていますので今の時代にネットワークの構築が出来ますので地方で講座に来れない会員の方や仕事が忙しい方も気軽に参加して頂いています。

やはり今の市場って資金力のある企業の方が断然有利ですので1人で経営する個人店は中小企業は相当な力がないと経営も難しいと思っています。

現在アスケンで意識しているのは2018年です。

ここに着目して勉強、実践をして頂いています。

スピード感持って2018年に存在出来れば恐らくその会員さんは相当美味しくなっています。

2015年から「消費税」「年金で暮らせない老人の増加」「収入の二極化」つまり大衆を相手にする商売は大きな打撃を受けるはずです。従ってアスケンに入会して準備したらと呼びかけています。

とにかく店舗を取り巻く外部環境が日々変化するので対応は大変ですがしっかりとお伝えして実践して頂く事も確定しましたので、おのぶおろぐで報告しています。

チームの時代です。

ただチームなんて組みたくないと思っている方はお1人でやってみて下さい。

ただ、興味のある方はアスケンのトップページをじっくり見て下さい。20分ぐらいかかると思いますが損はしないと思います。そして公式アプリにもの凄く価値を入れているのでダウンロードしておいて下さい。

そして7つの要素を堪能して下さい。

お楽しみに

明日の店舗経営研究会(アスケン)公式サイト
http://as.little-lion.com

asuken
アスケン.tv です。

Kazuhiko Ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう