飲食店・店舗経営をして売上を上げる為の誰でも分かる基本的な考え方

シェアする

顧客ストレス

スポンサーリンク

小野和彦です。

『皆さんはなぜ売上が下がるか知っているでしょうか?』

いろんな理由は確かにあるのですが、こんな事を真面目に考える経営者って実に少ないのです。

逆に言えば、こんな事を真面目に考えられないから売上も上げられないのです。

では、こんな質問をしてみます。

「開業したばかりの店舗、開業してから5年経っている店舗、どちらが顧客や地域の人に知られているでしょうか?」

もちろん答えは「5年経っている店舗」です。

であるならば5年経っている店舗の方が売上は高くて当たり前ですよね?

だって何倍も知られているはずですからね

少なくても売上が下がるのは不思議だと思いませんか?

もし、あなたの店舗がオープン月より下がっているなら…

『なにかやってしまっているはずです。』

小野はもうライフスタイルになっているのですが「ストアコンパリゾン」と言う事をしています。日本語で言うと「店舗見学」と言って、出来れば繁盛店に行って「売れている要因」を探したり、「売上を上げるシュミレーション」をしています。

もう、のべで1万店舗は超えたと思います。

30年近く、前職の社長に言われてやっています。

では繁盛している店舗で共通している点って何か教えますね!

『人にやさしい店』

少し表現が難しいですがこんな店舗なんです。

店舗経営者でも店舗を利用するはずです。

「嫌な店」

ってありますよね?

例えば….

「いらっしゃいませ」

「ありがとうございました」

言えない店。

提供時間の遅延。

従業員が見えない店。

欠品が多い。

トイレからの異臭。

値引きに多い店(定価、正価で買うと損だと思ってしまう)

買うのに時間がかかる。

品揃えやメニューがコロコロ変わる。

他にもあると思いますがこんな事を小野は「顧客ストレス」って呼んでいます。

ちなみにこの「顧客ストレス」を排除したら「2ケ月で売上が4.7倍になった飲食店」がありました。

でも飲食店や店舗経営者って「お客さんがどうしたら沢山呼べるか?」って言う事ばかり感がえるんです。

なら聞きますね?

「どうしたらお客さんって増えるんですか?」

飲食店を例にとると…

有名な順にも売れていない。

美味しい順にも売れていない。

立地の良い順にも売れていない。

店舗デザインの良い順にも売れていない。

店の大きい順にも売れていない。

接客の良い順にも売れていない。

安い順にも売れてない。

ここまで書くと何となく見えてきましたか?

結局、何をしたら客数が増えるかって凄く難しい訳です。

ただ、分かる事は顧客を増やす作業に没頭すると「顧客ストレス」ってどんどん増えて行くんです。

なので経営者の方に伝えたい。

余程の確信が持てるまでは新しい施策はやっては行けない。

ここで1例を挙げておきましょう。

『飲食店経営においてメニュー変更が大好きな経営者っているんです。』

そんな店はまず潰れます。

『あとは馬鹿げた値引きする経営者。』

なぜか分かりますか?

そうです。メニューが変わって一番大変なのは「店で働くスタッフ」なんです。

それによって余程の準備期間がないと直接的に顧客にストレスを与えます。

なので繁盛店ってまずメニューを変えません。

せいぜい期間限定のメニュー程度です。

たまにいますね。こんな働くスタッフの事を考えて施策をうつ経営者。

小売価格のある物販は同じ商品なら「安い」方が売れます。

同時に売れている商品も存在します。

『ただ、飲食店は商品を入れたら育てて下さい。』

売れる商品はありません。ただ、売れている商品はあります。それは育てたから売れているのです。

なので商品の育て方を学ぶべきです。

最近5年ぶりにメールマガジンはじめました。

もし、この記事に興味があれば無料ですので登録しておいて下さい。

この記事以上に有益な情報配信されます。

『2ケ月で4.7倍になった!?飲食店の売上の上げ方』

http://assp11.little-lion.com/lp01.html

asuken
アスケン.tv です。

明日の店舗経営研究会(アスケン)公式サイト
http://as.little-lion.com

asuken
アスケン.tv です。

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd