【警告】飲食店廃業の原因!?少し考えたら分かるはずです!・・・おのぶろぐ

シェアする

倒れる

『最近、仕事柄、直接的に聞くんです。個人で行う飲食店の廃業を!』

ただ、「それはそうだ!」と言う内容なんです。

皆さんはどうでしょうか?

小野が聞いた話は…

「サラリーマンを辞めてラーメン店を開業して繁盛したようです。」

ラーメンを作るのはオーナーの方です。50歳を超えて繁盛する事は良いのですが腰を痛めて、休む事も出来ずに更に悪化したようです。そこから2ケ月後、立つことも出来ずに入院して2ケ月経ちましたが結果立つことは出来ても仕事には復帰出来ずに店は閉まったまま、収入はなし、支払いはたまるだけ….

このパターン良く聞きます。

皆さんなら、こうならない為にどうしますか?

飲食店の開業者に多いのですが…

「自分しか料理をつくらない経営体を開業してしまう」

つまり、自分が倒れたら店は営業出来ない状態でずっと経営してしまう訳です。

実は個人で経営している人は殆ど知っているはずです。

ただ、このリスクに正面から対処する方は実に少ないのです。

皆さんも良く聞くはずです。

「あの店繁盛していたのに何で潰れたんだろう?」

多くは店主の身体の問題ではありませんか?

なので小野が新規開業者の言う事は「最低3店舗は持つ事を考えて開業しないと怖い商売ですよ!」とです。

他にもどんな事で廃業しているのか?

列記しますので参考にして下さい。

「ウチの店は大丈夫」では済まない。飲食業の廃業実態。

” 飲食店経営者、49歳です。
経営が立ち行かなくなり廃業しようと思っております。
会社組織で、名ばかりの代表取締役です。
銀行からの借り入れや税金、保険料の滞納が数百万あります。
転職
をするつもりではおりますが、会社役員は失業手当は出ないとのこと。
仕事先が見つかるかの不安や、その期間の生活の不安、借金をどう返していくかなど心配事だらけです。
妻はパートで月数万円の収入です。
6歳と4歳の子供がおります。
49歳の元経営者に、果たしてどんな働き口があるでしょうか。
短期間で仕事を探すにはどんな方法がいいでしょうか。
どうかアドバイスをいただけたらうれしいです。”

” 疲れました。土地の売却を考えています。飲食店を初め6年目に入りました。しかし土地を購入(自分名義、借金無)し店舗(10年県制度借入)を作り頑張ってまいりましたが、 地元の方からも店の批判、悪い噂を立てられ、ここ最近も幾度となく耳にすることが多くなりました。隣にあった歯医者さんも近隣周辺の噂を立てられ廃業し居なくなってしまいました。私も耐えきれなくなってきています。土地、建物を売却し借金を返済しこの地から存在を無くしたいのです。土地には借金がありませんがこの土地を売って上物の返済に廻すことは出来るのでしょうか?また不動産に依頼し全てを売却することは可能なのでしょうか?精神的に疲れました、私の20年間料理一筋の人生が壊れていきます。どなたか私の悩みにお答えお願い致します。”

次にいろんなコメント・記事が…

飲食店は起業2年以内に50%の確率でつぶれる

1年未満で閉店した割合は34.5%、2年以内で閉店した割合は15.2%。合計すると49.7%となり、約半数の飲食店が2年以内に閉店しています。

「閉店」しやすい飲食店の特徴は?
規模感は小規模(20坪未満)で、立地タイプは住居立地で、営業年数は2年以内のお店

つぶれやすい飲食店開業が後を絶たないワケ

オープン景気によって集客できている事に気付かず、経営に対して油断してしまう。

外食よりも家でお酒を飲む人が増加!!

料理の腕、接客サービスうんぬんよりも、飲食店経営に関する知識が乏しい。

集客の方法を考えずに『うちは味に自信がありますから』みたいな感じにどうしてもなっちゃう。

大手FC店や競合店が目の前に進出した。

大手競合店やライバル店に対抗して安易に料金を安めに設定する。

これら理由で、特に個人経営の飲食店の減り方がもの凄い。

近畿圏内だけでも2日に3件は潰れてます。

ミシュラン星を獲得しながら閉店する店も出ている。

起業には、ある程度の大胆さは必要だと思いますが、大胆であることと無謀であることは違います。

どうですか?

一店舗の経営って凄くリスクあるんです。

小野がもし飲食店経営をするなら一店舗で経営して行く事は絶対に考えません。

それはどんなに繁盛してお金を稼げたとしてもリスクが大きすぎるからです。

こんな対処方法を深く勉強出来ちゃうのが「明日の店舗経営研究会(アスケン)」なんです。

http://as.little-lion.com

無料メルマガの書いているので興味が在る方は登録を!

『2ケ月で4.7倍になった!?飲食店の売上の上げ方』

http://assp11.little-lion.com/lp01.html

asuken
アスケン.tv です。

Kazuhiko Ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう