究極の飲食店経営をして”売上を上げる””儲けを増やす”誰でも分かるヤバイ視点

シェアする

飲食店経営

スポンサーリンク

『飲食店の売上を上げたり、利益を増やしたりする事って良い視点を持てば意外に簡単に出来ます。難しく考える人はダメですね。1日も早く知りましょう。』

いきなりですが最初から「答え」教えます。

あまりにも当たり前の事なのでスルーしないで下さい。

『店で働く人は経費のコントロールは出来るが売上は店で働かない人の方がはるかに上げられる』

経費の中で大きいのは「原価」と「人件費」なんです。

原価はメニューを決めたら「適正原価」は決まりますが実際の原価は「ロス」や「盛り付け分量」や「仕入れのオーバーストック」「仕込みのオーバーキープ」などによって異なってきます。つまり適正よりも多く使ってしまうのは店舗で働く人によって起きます。

これは技術力で数字が異なってきます。

また、「人件費」も5人で行う営業を同じパフォーマンスを3人で出来るのであれば良い訳です。こんな事も「教育」や「トレーニング」や「レイアウト、ハードウエアの構築」で具現化している店舗や会社もあります。

「水道光熱費」「清掃」などの経費も店で働く人によって異なります。

簡単に言えば店で働く人は「経費コントロール」をしやすい場所にいると言う事なのです。


ただし、逆に「売上」を上げる行為は絶対的に店にいない方が良いんです。

簡単に説明します。

『店で働いて頑張って再来店を促すよりもチラシを撒いたり、広告をうった方が残念ながら売上が上げる効果は高い』

ただし、多くの場合は広告費をかけたくないので「店で働くスタッフに再来店の促し」を要求する訳です。

ここで賢い人は分かるんです。

「もし、再来店の促しの出来るスタッフがある程度いるのなら客数は日々増えて行く」

店舗で働くスタッフに要求できるのは「たった1人でも数多く入店しても全力で応対してもらう事」ぐらいのはずなんです。

なので常に外に対して「広告」は打つべきなのです。

今ではいろんな告知媒体があるので自身でやって「絶対に効果のある媒体」を研究して構築される事をお勧めします。

こんな心理学的な考えもあります。

多くの飲食店ではオーナーが店舗で働いて、店長を入れたりして「売上を上げよう」と思います。

つまり、店舗で働く人に「売上要求」する訳です。

ただし、オーナーは良いかも知れませんが店長や店で働くスタッフって本当にお客さんが増えるのって嬉しいのでしょうか?「少し」はOKでも「2倍」とか「3倍」になったらどうなのでしょうか?

『忙しいだけでメリットがない』

オーナーにしてみれば、「もうこれだけ収入があるのならばこれ以上売れなくても….」

つまり、こんな要素もあるのでダメになって行く飲食店のパターンなんです。

『売上を上げて行くマインドが少ない人達で且つ上げづらい環境にある場所に売上要求してしまう経営者』

悲しい未来が待っています。

もし、1人オーナーで店舗で働いているのなら是非考えてみて下さい。

『シフトに入っている以外の時間を利用して、外のから顧客を増やす行動をする。』

確かに大変ですがやれない人は悲しい未来が待っています。

店長がいて売上要求してしまっているオーナー、社長さんがいるのであれば早急に検討した方が良いです。

結局、今の日本の飲食店の市場って「売上の取り合い」なんです。

なのであえて小野も言っています。

『飲食店は店の外にいる人が売上を上げる、そして、その人が日々売上に着目していれば数字はまず上がってきます。』

そして、店を外からみて売上を上げるのに「店に足りないもの」を診れる人をスーパーバイザーって言います。

本物のスーパーバイザーは売上構築するスペシャリストです。

スーパーバイザーをつくるスペシャリスト 小野和彦でした^^

皆さんも自店の売上上げて下さい^^


おのぶろぐもお蔭様でもうすぐで170万PVです。


追伸:小野和彦が書く、「2ケ月で4.7倍になった!?飲食店の売上の上げ方」に登録しておきましょう。

飲食店経営者、店舗経営者、新規開業者には損しない内容だと思います!

https://88auto.biz/little-lion/touroku/entryform1.htm

小野が毎月講座をやっている研究会です。「明日の店舗経営研究会(アスケン)」

http://as.little-lion.com

無料メルマガも書いているので興味が在る方は登録を!

『2ケ月で4.7倍になった!?飲食店の売上の上げ方』

http://assp11.little-lion.com/lp01.html

asuken
アスケン.tv です。

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd