【公開】飲食店経営する中で継続経営・客数増を促す下部構造

シェアする

スポンサーリンク

こんな事を知らない・・・怖い事です。

客数が減ってくると基本的に能動的に従業員が動く事はなくなります。もちろん従業員に対しての負荷は減ってきますから、これは客数が減らなくても「馴れ」によって起きる場合もあります。

これはどのような事かと言えば「大脳を使わずに延髄で仕事している」状態と言えます。

「顧客が入店する。」
「メニューとおしぼりとお冷を持っていく」

これはいちいち頭で考えて動いている事ではありません。しかし、この作業を終えて帰ってくる時にテーブルにバッシング残りがあっても、ホールにゴミくずが落ちていても、レジに顧客が待っていても、その対応はしません。

「ここのテーブルの器を早くバッシングしないと次に来店するお客様は通せない」
「バッシングパントリーの器をさげないと次にバッシング出来ない」
「シルバーの補充を頼まないと次のお客様に持っていくのに時間がかかる」
「ここで一気に凄いスピードで厨房を立て直さないと次からオーダーアップが遅れる」

など来店した顧客に対して迷惑かかるだろう事を推測して先に手が打てなくなります。

逆に言えば顧客に迷惑かけても平気!?

こんな店は「しょうがない」と思っています。理由は「混んだから」「精一杯やっているから」が殆どです。
しかし、言える事は「こんな店は客数が減る事はあっても増える事はない」と言う事です。

ここで1つ勉強して下さい。

私達はここで起きるだろう「顧客」が嫌だな?と感じる事を

「顧客ストレス」と呼んでいます。

そして、これを排除する「動き」、「知識」また同時に「再来店させる促し」の行動を

「オペレーション」と呼んでいます。

やっぱり継続して売れる、安定的に売上がとれる・・・そんな経営体はしっかりと「オペレーション構築」しています。

小野はこんなのを組めます!

どんなに美味しい商品を提供出来ても、どんなに素敵がお店をつくれても、結果オペレーションが組めていない経営体は・・・この検証は小野がやらなくても現実にオペレーションが組めていない経営体を現実にみていれば、どうなっていくかは誰にでも分かる事です。

昔は良かったですね!人間の数を沢山使えたから・・・今はもう無理です。


Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd