【公開】サロン・施術・美容・無保険クリニック経営での売上構築はこうなる!2016

シェアする

shop

遂に公開してしまおうと思います。2016年からのサロン・施術・美容・無保険クリニック経営での売上構築方法は経営体の特徴をしっかりと捉える事が出来ると答えは見えてくるはずです。

基本的にサロン・施術・美容・無保険クリニック経営の場合は経営者自らが顧客に接して技術を振る舞います。いわゆる「先生」と呼ばれる存在です。ただし、昨今、経営に苦しむ方が激増しているようです。

この記事を読む方は是非最後まで読んでみて下さい。

最近、これらの経営体を持つ経営者はインターネットを利用して「集客」をする方が増えています。アナログで口コミを狙えれば良いのですが実際の競合店が増えて、相当高いレベルのサービスが表現されていないと逆に「悪い情報」が外に流れて「逆口コミ」の状況になっている経営体が多いです。

なのでインターネット集客を試みるのですが「出来ない」と言うのが現状のようです。

インターネットを利用した集客を行うコンサルタントを利用するのですが効果は確かにあるようですが「継続しない」「自分では出来ない」「効果が弱まってくる」「逆に売上が落ちた」などの弊害も多く出ているようです。

では、これらの経営体を持つ経営者の方に1つ質問をします。

『あなたの所で行っているサービスはあなたの所でないと行けませんか?』

人間って様々な「価値観」「考え」「常識」で生きています。

なので、中にはこれらの付加価値産業に対しては「使わない人」「使えない人」「最初から疑わしいと思っている人」が存在しています。その為には時間はかかりますが「友達」をつくる事が一番なんです。

リアルで友達をつくったり、ブログとメルマガで友達をつくったり、LINE@のようなアプリでつくったりするのも良いと思います。

その友達に自分のやっている事を細かく刻んで嘘のない範囲で事象を伝えて行く事が大事です。

なので、実際にはもうこれらを利用する顧客は長年やっている経営体の経営者に囲われているので新規で獲得するには非常に難しいと思います。つまり、遠方からでも顧客が来てしまう強烈な魅力がないと経営体を維持するのは難しいと思います。

ただし、新規開業の方でも集客できる可能性は無いこともありません。

『営業マンを雇う事』

あなたがいくら自分は凄いと言ってもナルシストだと思われるだけです。

これを読む方はアマゾンを利用して何かを買った事はありませんか?

良く買われている商品には「レビュー」がついていると思います。

商品を買う前に参考する人はインターネットで買う為には必須事項になるつつあります。

また、アフィリエーターを集えば更に客数増や売上構築は望めます。

アフィリエーターとはあなたの店舗の集客や商品を歩合営業で売ってくれる人です。

あなたが売るよりはるかに信ぴょう性があります。

出来れば利用者、使用者、体験者が良いと思います。

ただし、勘の良い方は気が付いていると思いますがこれらの経営体を実際にプレイして経営する経営体の場合は自身がプレイしている事によって「経営」は出来ませんので、サラリーマンの平均年収を超えることは今後難しくなってくると思います。

簡単に言えば「運営」は出来るが「経営」が出来ないので結果数字は出ません。

一店舗で腕の良い経営者プレイヤーと数名のスタッフで運営するなら、自分は店には入らないで経営(人の育成と売上構築と商品開発と収入源の増加)をして三店舗持って各店舗にマネジャーをおいて何人かのプレイヤーを置く。

そうすると、あなたの知識や技術を取得する為に時間と金がかかる商売はそんなに稼げない時代がやってきます。

これを経営意匠が重い

と言います。

ただし、この考えは日本人にはピンと来ないかも知れません。でも現実なんです。

今後、おそらく多くの経営者が本業以外に複数の収入源(キャッシュポイント)を持つようになります。

大企業も副業をどんどん解禁しています。

経営者であれば複数の本業を持つ時代になっています。

なので、もしプレイしたのであればサラリーマンをお勧めします。

それでも経営をしたいのであれば経営意匠を軽くするべきです。

サロン・施術・美容・無保険クリニックについては大手は伸びているのですが、個人・中小は顧客をとられて経営が厳しくなっているところや閉店しているところも多くなっています。

保険対応の歯科医や医院も皆さんもご存じのように相当数閉院してしまっているようです。

僕が主催する「明日の店舗経営研究会(アスケン)」でも同じような悩みで全国から入会して勉強して実践しています。

参加する会員さんが増えて5月は大きなセミナールームに変える事にしました。

日本でも有名な先生(執筆やテレビ出演)方も何人かここに来て入会され、僕もびっくりしています。

海外からも参加の要望も何件かあって、アスケンも相当進化したと思っています。

昔は「技術と知識」を卓越出来たら顧客は確かに沢山あつまりました。

どんな店舗ビジネスでも経営者はそれを一番に考えました。

でも飽和してダメな経営体は淘汰された今になると差別化は残念ながら「経営力」なんです。

皆さんもご存じの「JALの再生」。

事実上破たんしたJALがたった1人稲盛さんがアドミニストレーションの位置にたって経営した事により約1年で復活して上場復帰!

絶対に知っておいて下さい。経営知っているって凄いんです。これはもう中小でも個人店でも「経営」をしない経営者の経営体は破たんすると言う事です。

経営は運営より簡単です。

でも、それすらやらない経営者の経営体は無くなります。

Kazuhiko Ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

コメントの入力は終了しました。