独身の女性で将来に不安を感じている人はやっぱりコレかな?

シェアする

fua

スポンサーリンク

『最近、「貧困女子」と言う言葉を聞いて調べてみたら結構な数の方がいて予備軍もどんどん増えているようなので僕なりに調べて対応策はあるのか?考えてみました。僕も店舗経営の現場に行っていろんな女性スタッフと会うので、このブログに書いてみようと思いました。』

記事レベルですが独身女性の1/3は既に貧困層になっているという話が多いです。

国税庁の「民間給与の実態調査(平成25年度)」によると、日本人の平均年収は408万円と発表されています。内訳をみてみると、男性502万円、女性268万円で女子は男性の約半分と言う事が分かります。

貧困の定義は様々ですが、この定義が一番多いので基準として考えると….

「手取り月収-家賃=85,000円以下」

家賃が50,000円とすると手取額135,000円になります。

なので、相当お金を持った男性と結婚出来なければ一生ベースで考えると正規雇用でも非正規雇用でも雇われる働き方では高い確率で普通の生活が出来ないと言う事になります。ましてや年金でも生活は無理と感じます。

ここ数年、大企業が「副業の解禁」を示しています。これは思っている以上の給料は払えないと言う事です。

つまり、中小企業であればもっと深刻なはずです。

そのうちに「退職金」と言う言葉も死語になるかも知れません。

僕は自分の会社で「明日の店舗経営研究会(アスケン)」と言う会員形式の研究会を主催しています。全国から参加してくれる方が増えてきて、海外からの参加者も出てきそうです。店舗経営者やこれから新規開業する方を集めて実践形式の講座を行って「豊か」になる事を教えていますが、僕は女性は起業した方が貧困になる確率は低いと感じています。

なぜならば、雇われている段階で自身の給料を能動的に上げるのは難しいからです。

例え、定年まで働いても結果的には老後にどう収入を得ていくかも考えないと難しいので70歳以降は恐らく労働収入では殆どの方が収入を得るのが難しいと思うのです。

そんな中にまた嫌な言葉が出てきました。

『老後破産』『老人破産』

結局、サラリーマンとしてまず良い生活を送っていた人が60歳で定年して65歳の年金受給までにアルバイトや見つからずに貯金でも賄えないで住宅ローンを払えないで「破産」する人が激増しているようです。

今の老人がそんな感じならこれから20年後、30年後に老後をむかえる人はどうなるのでしょうか?

そんな事も思って僕も「明日の女性豊か研究会(ジョシケン)」を作ろうと思った時がありました。

今回は、そのジョシケンの内容を書きますので、興味のある方はそれを参考にして「豊か」を目指してみて下さい。

簡単に説明すると、インターネットを利用するのが一番良いと思います。

有名なのは「アフィリエイト」や「せどり」や「フリマ」ですが僕なら「情報商材」を売ります。

ビジネスって「人間の欲求や悩みを解消する手段」なんです。

なので、この考えを腑に落として情報商材をつくって売れれば確実にお金は入ってきます。

「健康」「恋愛」「ビジネス」など何でも構いません。

wordpressを利用したブログをやって、ステップメールを利用して、商材をつくって「インフォカート」「インフォトップ」にアップロードして、ブログやyoutubeで投稿を繰り返せば確実に売上は増えて行くはずです。

これらのネット利用代金でも月に数千円ですので頑張ればどうにかなると思います。

やり方は無料レベルでも多く方が記事にして投稿していますので、最初は1000円とかで良いので一回キャッシュが入れば投稿を繰り返すだけで諦めなければ、今の収入の倍なんて言うのは必ず達成できるはずです。

なので、「保険」だと思って頑張って頂ければと思います。

リストが貯まってきたらアフィリエイトも良いと思うのでダメもとでやってみて下さい。

必ず良い結果が出ると思います。

この下に僕のプロフィールがありますが、興味あれば「おのぶろぐみたよ」ってコメント入れてフェイスブックに友達申請して下さい。

貧困女子に対して本当に良いサイトがありました。

やー凄い時代になった!

貧困女子速報

http://hinkonzyoshi.link/

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd