ここは逃げては通れない・・・小野が決めたロードツーリングの為の第一関門・・・難関奥多摩

シェアする

bike

昔のように自分の脚で自分の力で景色や場所を体感しながら走りたい・・・そして出来ればより遠くへ!約27年ぶりにはじめた自転車ツーリングですがこのコースを北海道ツーリングに行く前に何度も試走しました。難関奥多摩・・・ここを制覇出来れば自信が持てる」

何回か走っている「江ノ島コース」は殆ど平坦で往復の距離も80km程度ですが今回挑戦する奥多摩は最低でも江ノ島コースの倍の距離はあります。もう1つは青梅を越えてから奥多摩湖へつながる一本道は25kmずっと上り坂です。トンネルも数箇所あり路肩がほぼ無いので車に抜かれる時はヒヤヒヤです。そんな不安を持ちながらのスタートでした。

横浜の緑区の自宅から町田街道をギンギン走ります。途中までは「高尾、相模湖コース」と同じです。スピードをあげて走って行くと面白い坂がありました。八王子市にあります・・・「七曲り峠」確実に「太陽にほえろ」を意識しています。

今回は跳ねないように空気圧を低めで走って来たのですが「思い」「変なグリップ感」ただし空気入れ持って来ませんでした。使い捨てのボンベはあるのですが・・・自転車屋ないかな?と探していると・・・一軒のマニアのお客さんがいそうなショップがあまりに老朽化して店名も消えています。

「空気入れ貸して貰えますか?」と聞くと・・・50円ね!

「あー助かった」と思いました、だってこれからが奥多摩の坂のぼりだからです!

さてと入れますか・・・

空気も入れて最高潮に飛ばします!「あー良かった!」と思いながら走っているとこんな綺麗な橋が目の前に現れました。

その後、幹線道路を走っていると・・・見えてきました「青梅街道」の文字が・・・この看板をみると結構近いかなと感じます。ただ本番はこれからです。身体は余裕あります。

駅までもうすぐかな?思っていると左にこんなものが見えてきました!当然停車してパシリ!「赤塚不二夫記念館」です。過去に二回ばかり入場した事があります。バカボンのパパなのだーーー

ここからすぐですね!JR青梅駅到着です。このオブジェ気になりました!

駅を離れて奥多摩湖へ・・・ゆるい坂をのぼっていると!「へそまん」饅頭屋さんですね!結構このあたりでは有名です!

「あーーー長い」・・・どこまでものぼる坂道、奥に見える山の上のほうにあるのかな?(笑)

暑いので「山の蕎麦屋さん」を探していると「ない」「定休日」「やってない」・・・お腹もすいたので結局ラーメンに!(笑)

うん「家系」ですね!

お腹がいっぱいになりましたが・・・ここは坂の途中です・・・ファイトです。しばらく走っていくと「ものすごい橋」が前方に出てきました。「奥多摩大橋」下には碧緑色の川が流れています!「あー綺麗」って勝手につぶやいています。

まだかなって言うくらいずっと坂です。小野が長距離走る為にこのバイクだとちょっとストレスあると言う事が発覚しました。ポイントは「ホイール」と「タイヤ」でしょうか?少し思いですね!また勾配がもうもう少しきついと後ろに大きい歯を入れないと相当スピードダウンしそうです。

走り続けて怖いトンネルを数箇所クリアしてくると・・・左前方にダムらしきものが・・・あっあと少しだ!

さてとラスト・・・やっと到着です。「東京都立奥多摩湖畔公園」です!

日時計あります!・・・でも周りはカップルばかりです(笑)カップルが小野に写真撮ってと言ってきます!「パシリ」、「あっ!撮りましょうか?」の問いになぜか・・・「自分で撮れます(笑)」

懇親のセルフショット!撮ってもらえば良かった(汗)

ここどうやら「国体のロードレース大会」のフィニッシュエリアになる見たいです。選手は頑張って頂きたいですね!彼らが来る前に「パシリ」・・・3ケ月後か!(笑)

さてと復路です!・・・奥多摩駅に到着です!帰りは下りですが結構道が良くないので気をつけて下山です!

あっ!綺麗な橋を発見しました。レトロな感じが良いです!「大正橋」

青梅の駅のあたりは結構昔ながらの手書き映画看板があちらこちらに飾ってあります。なぜかいい気分ですね!落ち着きます!

少し往路に時間をかけてしまいました。このWilierに乗ってはじめての夜間走行ですが・・・忘れてしまいました!「ライト」です。ショップがあったのでとりあえずのライトを!バックのリアライト(赤)もゲット!

小野が店を出ると看板を消しました!危ない!

 

どうにか無事到着しました。最後は暗い中のランでした!

距離は162kmですね!おおよそ12時間のランでした。行きは8時間、帰りは4時間って感じです・・・また修正して次にトライです。ただし、走れました!

次は200kmですね!やるなら自転車のメッカである修善寺往復でしょうか?やりますよ!

Kazuhiko Ono
現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう