これはショックですね!あなたは生涯年収と言う言葉を知っていますか?

シェアする

go

スポンサーリンク

やーこれが今の生涯年収ですか・・・2012年の調べ

これはその会社で入社してから定年退職するまでの「生涯給料」です。

皆さんはこの金額どう思いますか?

その会社の平均年収も書いています。ただし社歴に浅い会社のデータは実績がないのでありません。やはりですがどんな業界が生涯給料が高いかは見てごらんの通りです。

昨今テレビなどではお父さんのお小遣い3万円なんて報じられていますが、ここで働く人達はもっとお小遣い多い感じがします。なぜこんな話をするかは月の使う金額が3万円って恐らく学生より少ないのです。こんな国ってあるんでしょうか?

学生がチョイとアルバイトすれば月に5から10万円程度は稼ぐ時代ですから

小野が社会人になったのは大学を卒業した1987年です。その頃は「内需拡大」「バブルのちょっと前」で好景気でした。記憶では「生涯給料」を5億円は稼ぎたいって社長(ゼンショー社長:小川賢太郎氏)と話した記憶があります。

ただ、5億円を超えている企業は2社しかないようです。

小野はけして金に固執しているのではなく、あの入社の頃は周りの人間も当たり前に5億円は稼げると思っていたんです。ただし、最近は20、30歳代で1億、2億円以上稼ぐ人も結構いて「稼ぎ方」も大きく変わってきました。

「あ~あ~稼ぎ方が変わった!」って嘆く人

「そんな事言ってられない」って稼ぎ方勉強する人

小野も「稼ぎ方」変えました!飲食店コンサルタントから経営意匠プランナー!

なんで変えたかは簡単です!「お客さん(クライアント)に価値をより与える事が出来るから

これが稼ぎ方を知る為には最大のヒントです!

「あー勿体無いって言う人」を本当に沢山小野はみて来ました!「もっと稼げる良いもの持っているのに!」

ちょっと考えてみて下さい。

ただし、小野も実はそうなんですが・・・日本人にとって「稼ぐ」とか「儲ける」って好かれない言葉です。海外では稼ぐ人は尊敬されますが日本はもしかしたら嫌われるかも知れません。

また日本の環境もけして良くないのでコレを読む方はほんの少しで良いので「稼いでみよう!」って思って下さい。

それは本当に稼ぎにくくなっているからです!

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd