怠けたい・楽もしたい・遊びたい!と思った時にしっかり頑張れるテクニック教えます!

シェアする

Smiling Sloth hanging from a tree

スポンサーリンク

『人には怠けたい・楽したいという気持ちがあります。特に、気の進まない仕事をしなければいけない時、その気持ちが強く前に出てきます。怠けたい・楽したい・たまには遊びたい!と思った時に、しっかり頑張れるテクニックをまとめます。』

『意思の力で怠け癖を直すのは、簡単ではない。。。確かにそのとおりです。』

いろんな方の記事を読んでいると・・・

『怠け癖をなおすのは本当に難しい。人間は一度怠けモードに入ったら何もしたくなるメカニズムが脳内に組み込まれているからだ』

確かに専門家が言うだけあってなるほどと思います。

小野も一回冷めちゃうとなかなか復活出来ません。怠け癖はあっても働き癖ってあるのかな?(笑)

ただし、「怠けたい、楽をしたい自分に負けてしまうと・・・

なりたい自分からどんどん遠ざかってしまいますね

経営者が陥る・・・怠け病(怖)

こんな怠け心が積み重なれば、結果は出せないし、スキルアップもできない、会社なんて経営出来ない・・・

東大生が実際にやっている「怠け心に勝つ」究極テク3つ

■1:机の前やノートの表紙など、すぐ目に付くところに、自分の“目標”や“座右の銘”を貼る

■2:目標を具体的にイメージして妄想する

■3:こまめに休憩時間をとるが、必ずタイマーをかける

こんな事をして仕事ではないですが勉強しているようです。

『自分の目標を明確にし、「見える化」 する』

小野は最低1週間の獲得目標をつくります。絶対に獲得出来ない時は「遊ばない」「寝ない」(笑)

まずは、こうした、自分の心にしっかりと残る“言葉”、自分を励まし支え続けられるような“言葉”をもつのが大切です。

まあ「文字(ワード)」ですね!

小野のノートって前からは進捗を書いて、裏表紙からは「ワード」書いています。そしてよくチラチラ見ます。

『目標値と達成するまでの期間をはっきりさせる』

目標を明確化するとは、何を(管理特性)、どのレベルまで(目標値)、いつまでに(納期)達成するのか、言葉と数値で記述すること。

例えば・・・今週中にブログ記事を15ページ書くとかですね!

目標と行動を具体化する ※曖昧なもの ⇒ 具体化しないと行動にはうつせません。

同時に・・・

目標が漠然としていることが、やる気を萎えさせる

具体的な解釈をする人は怠ける人の割合が少ない・・・事実です。

目標をもつのなら、その目標が達成できている自分の姿を具体的にイメージし、妄想するのがよいそうです。

「美味しいもの食べにいける」

「欲しかった洋服」

「大好きな人と旅行」

こんな妄想大事です。

こんなコメントを残す人もいます。

具体的な行動が伴わない僕のような怠け者には、すべきことを具体的にするという内容はとてもしっくり来るものでした。

あとは・・・

曖昧に考えていると、何からやれば良いか分からなくなりませんか?

行動に移すまでのハードルが曖昧に考えている人よりも具体的に考えると実際は極端に低くなっているから行動できるのかも知れません。

<段取り八割・・・職人が使う言葉です。準備で成果の八割は決まります!>

ただ、何を次にやるかって思って作業している人いますよね!(笑)

決まったら動きましょう!

習慣にしてしまうと楽です。

引き延ばしない習慣を脳に組み込んでやれば克服できます。

引き延ばし癖を断つ方法 – やる気ドットコム!モチベーションアップの総合サイト
スケジュールを組み立て実行をしていれば怠けている暇はない。

「めんどくせー」とか「行きたくねー」とか思うかもしれませんが繰り返し行うことにより慣れてくるのでそのうち怠け癖がなおります。

皆さん頑張って下さい!

追伸・・・

上記の事は物凄く効果あるのでやってみて下さい。

ただし、小野自身が一番効果あるのは・・・

『約束すること』

です。つまり、嘘の「はい」を言わないと結果出てきます。

『例えば、ある人と将来旅行に行きたいね!』

これは曖昧です。

でも・・・

『来年の夏北海道に行こうね!』

に「はい!」と言えばちゃんと「時間」と「お金」を用意する準備を始めると言う事です。

小野も今年で50歳ですが人生って意外に自分の思った事出来ません。それが気がついたのが40歳の時でした。だからそれから目的実現の為にサクサクやる癖つけました。

ここから学んだのはスピードと時間を作るために何かを捨てる勇気だと思います。

Kazuhiko Ono
 
 
経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

明日の店舗経営研究会(アスケン)
http://as.little-lion.com

FaceBookやっているので気軽に「おのぶろぐ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

このブログの最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

スポンサーリンク
asu001

シェアする

フォローする

■小野和彦からのプレゼントです■
mon

僕も入会しています。会場には1000人以上の塾生が来ていました。その中で月収で1000万円以上稼ぐ塾生7名に会いました。

ものを教える立場の僕が入塾してあえて紹介している塾です。そして僕も試したのですが様々あるネットビジネスの中で簡単に大きく稼げるのはこれがダントツで一番だと思います。

下のリンクから参加して頂いたら僕もサポート出来ると思いますので悪い事は言わないので今すぐ参加してみて下さい。
また、今後このスキルを得たらお金にはまず困らなくなりますのでじっくりと取り組めるものです。当然、飽和しないものなので20年30年利用出来る手法なんで安心して下さい。


簡単に入会できて簡単に始められます。まず下記リンクをクリックして文をお読み下さい。これ以上のプログラムはネットビジネスでは生まれないと思います。日本で最も参加人数が多い塾です。

※クリックする。 ⇒ http://bit.ly/1mH08nd